サイトマップ
RSS

今後の活動

2013年06月27日
今月も、残すところ数日となってしまいました。

近年特に、この時期の体調が不安定になりやすいようで、整えておかないと
7,8月の夏バテにつながっていきます。

注意しないと...と思っていたにもかかわらず、
イマイチ良くない日が続いてしまっています(>_<)。

皆さんは、お元気でしょうか?。



実は来月から、ある夢に向かって!?、働く事にしました(^^ゞ。

今まで在宅のお仕事や、フリーでのお仕事で気ままに
やってきましたが、これからしばらくの間は、
安定収入を得る事が大事だと考えています。


今まで通り、カラーセラピーの講座やパステルの教室は、
お休みの日を使ってやっていきますので、よろしくお願い致します。

前回の続きになりますが、今回は世界で好まれる色です。

武蔵野美術大学の千々岩英彰教授は、以前世界20か国、約5500人の学生を対象に色彩調査を行いました。


韓国     :1位「青」 2位「白」 3位「赤」
中国(北京) :  「青」   「白」  「グレー」
オーストラリア:  「青」   「赤」   「緑」
アメリカ   :  「青」   「赤」   「緑」
ドイツ    :  「青」  「黄色」   「赤」
ロシア    :  「黒」   「白」    「赤」
オランダ   :  「オレンジ」「青」    「黒」 
イタリア   :  「青」   「赤」   「緑」


世界で好まれる色は、「青・赤・緑」といえそうですね。

世界で色の好みが違うのは、文化・宗教的な側面、太陽光(照度)の違い、
空気の透明感の違い、背景色の違いなどが挙げられるそうです。


青・・・誠実、信頼、冷静
赤・・・生命力、行動力、情熱
緑・・・調和、安全、自然     等々

他にもそれぞれに意味がありますが、普遍的な例を挙げてみました。

文字にして改めてみると、なんとなく上位3位の理由が
なんとなく理解出来る気がします。


あなたは何色が好きですか?。

そして、最近気になる色はありますか?。
                   「色彩と心理」のおもしろ雑学 参照

日本人は宗教の影響力が弱く、特定の色の潜在イメージを多民族より
あまり持っていないそうです。それなので、逆を言うと流行やその場の
感覚に影響を受けやすいとも考えられるとの事。


この調査は、各団体で行われていて、色の選択式なのか記入式なのか、
選択式であっても色を見せているのか、否かでも結果が変わってしまうので
国内での「好きな色の調査」の結果を総合的に見た時の傾向になります。


男性:1位「青」
   2位「緑」がほぼ固定
   3位「赤、黒、白」が調査によって変動あり

女性:1位「ピンク」がほぼ固定
   2位以下「黒、赤、白、青、緑」が変動あり


女性の方が色には敏感で、時期などでも影響があります。

また、男女差と同様に地域差もあるようで、北に行くほど、「青、黒」で
寒色が人気で、首都圏「緑」、南に行くほど、「赤」で暖色が人気という
傾向にあるようです。


では、世界ではどうでしょう!?...。


それはまた次回にて。  
               「色彩と心理」のオモシロ雑学 参照